40代のお肌にエイジングが必要な理由は?

40代 保湿化粧品

40代になると、今までの肌ケアでフォローできてなかったことが、お肌の表面に少しずつ表れてきます。

 

特に、気温が下がり空気も乾燥する季節である冬のスキンケアは大変だと思います。

 

その中で女性にとって特に気になるのが、しわ、ほうれい線、毛穴のたるみ、シミ、くすみなどがあると思います。

 

40代の肌で、このような症状が表れるのは、ホルモンの分泌バランスが変化することで、今まで以上にターンオーバーの期間が長くなることにも原因があると言われています。

 

ターンオーバーは、古い肌と、それに含まれるシミやくすみの原因となるメラニン色素を体の垢として排出するのと同時に、新しい肌に変える新陳代謝の作用です。

 

ターンオーバーの期間は、平均で20代は約28日間、30代では約40日間、そして40代になると約55日間と言われています。

 

そのため、一度、肌トラブルが起きてしまうと、それが治り辛く長引いてしまうことがあります。

 

また、ターンオーバーの期間が長くなることで、お肌の中の保湿成分である、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸なども減少してしまいます。

 

40代 保湿化粧品

その結果、外部の刺激(花粉、ハウスダスト、粉塵、紫外線)からお肌を守ったり、角層や角質に貯えられた水分を保護する、バリア機能が低下してしまいます。

 

そのために、乾燥肌や敏感肌になりやすく、それにより、肌表面が軽い炎症状態(肌荒れ)となり、肌の赤みやカサカサで、肌表面のハリやツヤがなくなってしまうことで、実年齢よりも老けて見えることがあります。

 

40代のエイジングケアは効果の高い保湿ケアから

40代 保湿化粧品

このような、40代のお肌をエイジングするためには、ターンオーバーの期間を短くして、お肌を守るバリア機能回復に必要な保湿で、お肌を根本的に健康な状態にすることです。

 

そのためには、40代ではお肌の保湿成分が不足気味になってしまうので、エイジングケアとして補う必要があります。

 

その1つが、お肌の保湿力を高めるのに効果的な成分の1つがセラミドです。

 

40代 保湿化粧品

セラミドは肌細胞間の隙間を埋める物質で、細胞全体の水分を溜め込んで、肌細胞そのものをふくよかにする働きがあります。

 

そして、肌細胞がふくよかになると、お肌のハリやツヤが安定します。

 

また、セラミドと同様に保湿を助けて、お肌に全体に弾力を持たせるのが、コラーゲンやヒアルロン酸です。

 

このように、40代の保湿ケアは、ターンオーバーやバリア機能改善だけでなく、お肌にハリ、ツヤ、弾力を持たせて、しわ、ほうれい線、毛穴のたるみなどのケアにつながり、顔全体にリフトアップ効果として働くこともエイジングケアの効果として欠かせません。

 

そのため、40代に使用するスキンケア化粧品は、保湿効果と同時にエイジング効果の高い物を取り入れるのが重要です。

 

それにより、実年齢と肌年齢の差が縮まったり、逆に、実年齢よりも肌年齢が若く見える可能性もあります。

 

ここで大切なのは、エイジングにとって最も必要で効果的な方法は、まずは、乾燥肌や敏感肌の状態を改善させながら、肌コンディションの土台を作るうえで重要な肌の保湿力を回復させることに尽きます。

 

そのうえで、さらにエイジングケアに効果的なセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が浸透することで、お肌にハリが表れ、シワやたるみ以外の40代から急増してしまう色々な肌トラブルの根本的な部分から改善されていくのです。

【40代老化の早い敏感肌訴求】アヤナストライアルセット


 

NEXT PAGE:40代のお肌に合った、敏感肌解消保湿ケア&エイジングケアの化粧品について